赤シャツ  松山市民劇場 第278回例会

赤シャツ  松山市民劇場 第278回例会

劇団 青年座 公演

2010年
      5月19日(水)18:30〜 
      5月20日(火)13:30〜

会場:
ひめぎんホール(県民文化会館)サブホール


reikai1005s.jpg

<スタッフ>
作=マキノノゾミ
演出=宮田慶子
装置=川口夏江 
照明=中川隆一
音響=高橋巖
衣裳=前田文子
舞台監督=今村智宏
製作=紫雲幸一、小笠原杏緒
宣伝写真=中道順詩
宣伝美術=早田二郎

<キャスト>
ウシ=今井和子
うらなり =宇宙
武右衛門 =高義治
赤シャツ =横堀悦夫
野だいこ =小豆畑雅一
マドンナ =安藤瞳
山嵐 =大家仁志
小鈴 =野々村のん
狸 =堀部隆一
金太郎/福地記者 =田中耕二
ウラジーミル =チャールズ・レント


<あらすじ>

山嵐、野だいこ、うらなり、マドンナ、狸、赤シャツといえば夏目漱石の小説『坊つちゃん』。

しかしマキノノゾミの『赤シャツ』は登場人物が同じでも、主人公は何と夏目漱石を重ね合わせた赤シャツなのだ。しかも坊ちゃんは出てこない?

明治38年、四国辺のとある城下町を舞台に主役の座に就いた赤シャツが語る思いとは…。




トラックバック

 トラックバックURL:http://doremi3.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1252